Linux – 標準出力で先頭指定行飛ばしたり、後ろ指定行読み飛ばしたりする方法

tailコマンドやheadコマンドを使って標準出力の行を制御。これは便利!

先頭5行飛ばして6行目から出力する

tail -n +6 test.txt

後ろ5行出力しない

head -n -5 test.txt

参考

tailコマンドで先頭を指定行数分 読み飛ばす - 揮発性のメモ2
A B C D E 先頭2行を読み飛ばす = 3行目から表示する $ tail -n +3 hoge.txt C D E 後ろ2行を読み飛ばす = 後ろ2行を読み飛ばす $ head -n -2 hoge.txt A B C
タイトルとURLをコピーしました