IT Notebook

とあるエンジニアの備忘録

「利益を第一目的にした組織が失うもの」(日経ビジネスの記事)を読んでの感想

日経ビジネスのオンラインゼミナールの「もう一度読みたい」で 利益を第一目的にした組織が失うもの というドラッカーについての記事があったので、役立ちそうなことについてまとめました。

記事の要約

責任とは

  • 命令する権限を持たなくても、それぞれが「組織に貢献しよう」と思うことができれば、各個人が「マネージャー」としての役割を分担している
  • 命令する権限で管理するのではなく、各個人が「責任の意識」を共有できる組織にすることが重要
  • 「責任」とは「責任をとれ」ではなく、主体的に「やってみよう」「こう改善してみよう」と思うマインドのこと

マネジメントの5つの仕事

  1. ビジョンと目標を設定する
  2. 組織する
  3. チームをつくる、そのための動機づけ、コミュニケーションをはかる
  4. (成果を検証し)評価する
  5. 自らを含めて人材を育成する

マネージャーの役割

  • 組織のビジョンや目標がずれないように話し合い、人とコミュニケーションし、動機づける、といった仕事は相当に時間がかかる
  • マネジメントが人を活かすということは、組織の未来への投資
  • マネージャーは作る組織は、3つの領域での貢献を必要とする
    • 直接的な成果価値
    • 新しい価値の創造
    • 人材育成
  • 利益の最大化のみ目的とする企業は、短期的視点からのみマネジメントされている傾向にある
    • その結果、富の増殖機能は破壊されないまでも、大きく傷づく

学んだこと

  • 「責任」とは主体的に「やってみよう」「こう改善しよう」というマインドのこと
  • マネージャーの役割は組織のビジョンや目標がずれないように話し合い、人とコミュニケーションし、動機づけする
    • この仕事は相当時間がかかるが、組織を作る上では必要不可欠
  • 短期的利益を追求しすぎると、富の増殖機能が傷つく可能性あり