IT Notebook

とあるエンジニアの備忘録

リーダーになってはいけない人とは(日経ビジネスの記事)を読んでの感想

日経ビジネスのオンラインゼミナールの「もう一度読みたい」で リーダーになってはいけない人とは というドラッカーについての記事があったので、役立ちそうなことについてまとめました。

記事の要約

リーダーとは

  • リーダーの最も基本的な条件は「フォロワー」(信頼してついてくる人)がいること
  • リーダーとして部下の信頼を得ていくということは、何か並外れた能力を発揮するよりも、人とし、職業人として、ビジネスパーソンとして1つの「筋」がしっかり通っていること
  • 「自分は、心の底からころを実現したい、これを大切にしたいと思っている」と語れる真摯な人は、信頼されるはず
  • 真摯=一貫性

どのような人をマネージャーにつけてはいけないか

(1)「強みよりも弱みに目を向ける者をマネジャーに任命してはならない」 (2)「何が正しいかよりも、誰が正しいかに関心を持つ者をマネジャーに任命してはならない」 (3)「真摯さよりも頭の良さを重視する者をマネジャーに任命してはならない

  • マネジメントとは、事業に命を与えるダイナミックな存在である。そのリーダーシップなくしては、生産資源は資源にとどまり、生産はなされない。

学んだこと

  • 信頼されているリーダーは「フォロワー」がたくさんいる
  • リーダーとして大切なことは、能力を発揮するよりも、1つの筋がしっかり通っていること
  • 自分の実現したいことを語り続けることが大事