IT Notebook

とあるエンジニアの備忘録

tfenvを使ったterraformのバージョン管理が便利な件

とりあえず最新バージョンをインストールする派ですが、terraformの0.11と0.12にはかなり差分があるので簡単に切り替える方法を探していたところ、tfenvというterraformのバージョンを管理してくれるツールを発見したので、早速試してみました

tfenvインストール

まずはインストール

brew install tfenv

エラーが発生

Please `brew unlink terraform` before continuing.

先にterraformがインストールされていると、tfenvはインストールできないようなのでアンインストール

brew uninstall terraform

tfenvでインストールできるterraformのバージョン確認

インストール可能なterraformのバージョンを確認

tfenv list-remote

こんな感じでバージョン0.1までのリストが出てくる

$ tfenv list-remote
0.12.13
0.12.12
0.12.11
0.12.10
0.12.9
(省略)

tfenvを使ってterraformをインストール

0.11と0.12の最新版をインストール(2019/11/2時点)

0.11系

tfenv install 0.11.14

0.12系

tfenv install 0.12.13

tfenvでインストールされているterraformのバージョンを確認

ローカルにインストールされているterraformのバージョンを確認

tfenv list

先程インストールしたバージョンが表示される、今は 0.12.13 がデフォルトとして設定されている

$ tfenv list
* 0.12.13 (set by /usr/local/Cellar/tfenv/1.0.2/version)
  0.11.14

tfenvを使ってterraformのバージョン切替

0.11.14 に切り替えてみる

tfenv use 0.11.14

再度バージョンを確認

$ tfenv list
  0.12.13
* 0.11.14 (set by /usr/local/Cellar/tfenv/1.0.2/version)

プロジェクトごとにterraformのバージョン管理

プロジェクトのルートにバージョンを記載した、 .terraform-version を配置する

echo 0.11.14 > .terraform-version

これでterraformのバージョンを0.11.14に戻してVPCPeeringの自動化を検証してみます